セキネについてabout

機械フレーム作りでお客様の第一のパートナーに

機械フレーム作りに特化した株式会社セキネだからできること

お客様のためのオンリーワンを

製作が難しい1トン以上の大型機械フレームもセキネにおまかせください。
設備と技術が揃うセキネが得意とするのは、お客様に合わせたオーダーメイドの機械フレーム製作。
さらにお悩みに応じた提案や技術アドバイスも可能ですので、様々な角度からお手伝いできます。

セキネ50年。これまでとこれから

セキネが歩みはじめて半世紀。技術を高めながら製缶・板金加工分野一筋で取り組んできました。
小さな鉄工所から始まったセキネは50年かけて信頼を培い、機械フレームの製作で幅広い業界に支持されています。

  • 1966年、いざなぎ景気で日本が経済大国へと躍り出ようとしていたその時。関根鉄工所が誕生しました。始まりの地は東京都八王子市元本郷町。当初は梱包設備本体の製作に関わっていました。

  • 日本万国博覧会が開かれた1970年。関根鉄工所はより広い敷地を求めて同市丹木町に工場を移転。この頃にはエンジニア会社より物流機器の製作を請け負うように。1977年には法人として新たなスタートを切りました。

  • 「広いフィールドでさらに活躍できるように」。そんな願いを込めて現社長布澤新五がセキネへ商号変更したのが1991年。世はバブル崩壊の始まり。技術向上と健全経営を心がけてきたセキネは時代の波に溺れることなく進化を続けていきました。

  • 21世紀に入ると設備力を強化し、大型機械の機械加工を可能に。2006年にはあきる野市に本社工場を移転。540坪の敷地面積、300坪の工場を備える企業となり、現在では物流・半導体・包装・ 医療業界など幅広い業界に実績を作っています。

  • セキネのこれから

    半世紀に渡る時を数多くのお客様とお取引させていただいた経験は、セキネの宝物。その経験を生かし、他にはない提案力と様々なご要望に応える技術で機械フレーム製作の真のプロとして次の半世紀へと歩みを続けていきます。

チームワークが生む高レベルのサービス

キャリア40年のベテランから若手までバランスよく揃うセキネの技術チーム。課題を共有し、サポートやフォローをし合える環境があるから迅速な対応が可能に。品質・コスト・納期において高レベル、安心のサービスをお届けします。

納品までの流れ

一貫生産することで高いレベルで品質・コスト・納期の最適化が可能に。

※上記は一例です。納期は、お客様のご要望にお応えできるよう調整いたします。

アートの分野にも展開

機械フレームのほか、各種オブジェやデザイナーズ造形でも実績多数。お気軽にご相談ください。

  • オブジェ骨格

    お客様のご要望で第三者機関による溶接検査を実施。
    きちんとした品質認定を受けて出荷しています。

  • ピンクリボン運動オブジェ

    お客様のイメージを形に。リボンを結べるよう網で製作し、
    たくさんの方々にリボンを結んでいただけました。

よくある質問

お客様からいただく質問をまとめました。

質問を見る

各種機械製作・製缶板金・機械加工組立・機械改造・取付工事など

最適の加工方法の検討を行い、設計から加工、組立、据付までを一貫体制により高度なご要望にお応えします。

事業内容を詳しくみる